運動 美容

運動が物凄く体に良い理由!6つのポイントで体を動かす自分になろう!トップ

運動効果 ① 体を動かす事で様々な体のパーツが元気に!

運動すると丈夫になると聞きますが、その理由は、体を動かす事で様々な部位に力が加わる事で、丈夫になるという事です。
Warning: readfile() [function.readfile]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_fopen=0 in /home/k0dk4svn/public_html/innovationthriveshere.com/index.php on line 37

Warning: readfile(http://it-one.info/elm2/out.php?31) [function.readfile]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/k0dk4svn/public_html/innovationthriveshere.com/index.php on line 37


体を動かすと、骨と筋肉に力が加わります。

更に、関節にも負荷がかかるので、柔らかく柔軟になります。

動かなくなると固くなっていくと聞きますが、それはオーバーな話ではなく本当の話です。

適度に動かす事で、様々な部分が柔らかくなり、動きを安定させる事が出来ます。



更に運動を激しくする事でどんどん筋肉に負荷がかかるので、筋肉が強くなります。

そして、強い力が出るようになるので、丈夫になります。

疲れにくい体質になるので、様々な方向に良い影響を体のあちこちに与えてくれるようになります。

体を適度に動かす事の大切さは、このような仕組みから成り立っています。

運動効果 ② 心肺が丈夫になり血液が浄化される

疲れにくい体質になる事で、心臓の筋肉も大きく丈夫になります。

血管も太くなるので、毛細血管を増やす事が出来ます。

その為、酸素や栄養を行きわたらせる事が出来るようになり、老廃物も効率的に排除しやすくなります。

血液が浄化されやすい体質になり、質の良い血液にする事が出来ます。



また、体を動かす事で善玉コレステロールを増やす事が出来ます。

血管の詰まり等を防ぐ事が出来るようになるので、心筋梗塞や脳卒中など心臓や頭の病気予防にも繋げる事が出来ます。

体を動かすという事は、長生きにも繋がるという事になります。

運動効果 ③ 脳の活性化やうつ病にも効果を発揮

筋肉を動かすので、脳の信号を活性化させる事が出来、脳に良い刺激を与える事が出来ます。

特に、ウォーキング等をして運動をすると、景色がどんどん変わるので脳に良い刺激になりますので、特にオススメな運動方法です。

忘れっぽい等の認知症の予防や改善にも、役立ってくれると言われています。

年齢を増すとウォーキングをされている方を多く見かけますが、これはとても正しい行動と言えます。



また、脳の活性化により、うつ病の改善や予防にも期待出来ます。

脳の神経伝達物質の動きが良くなるので、気持ちがリフレッシュします。

体を動かす事は1つの気分転換のもなりますので、徐々にうつ病の度合いが軽減されていきます。

運動効果 ④ 美白効果

運動など良く体を動かしている方の肌は、綺麗だと思いませんか。

運動と美白は関係が無いようにも思えますが、体を動かす事で血液循環が良くなり、新陳代謝があがるので、肌のターンオーバーが促されます。

運動をしていない方は血液の循環が悪くなるので、新陳代謝が上がらなくなり、美白には程遠い肌質になってしまいます。

更に、体を動かす事で成長ホルモンの分泌を促す事が出来るので、お肌のアンチエイジングに繋げる事が出来ます。

体を動かしていないと、美白化粧品を一生懸命使っても肌が受け入れ態勢になっていない為、あまり響きません。



有酸素運動やストレッチなど、極簡単な事でOKなので、体を動かす習慣の無い方は、是非お肌の為に体を動かすクセを付けましょう。

体も丈夫になって、肌も綺麗になりますよ。

運動効果 ⑤ 脂肪を燃焼し生活習慣病の予防

体を動かす事で新陳代謝を上げる事が出来るので、脂肪燃焼に繋げる事が出来ます。

ダイエットの基本は運動なので、その関係性は周知の事だと思います。

脂肪燃焼の為には、食事制限よりも体を動かす事が基礎となります。



余計な脂肪が体内に溜まりにくくなるので、血中のコレステロールや中性脂肪が少なくなります。

その為、糖尿病や高血圧などの、生活習慣病の予防にも繋げる事が出来ます。

生活習慣病なんて自分はまだ大丈夫なんて思っていると、急に具合悪くなってしまう事、あり得ない訳ではありません。

早い人は30代でも引き起こすと言われているので、気に掛けるようにしましょう。

運動効果 ⑥ 軽い運動から始めてみよう

いざ運動をしようと思い、いきなり物凄く激しい運動をしてはいけません。
Warning: readfile() [function.readfile]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_fopen=0 in /home/k0dk4svn/public_html/innovationthriveshere.com/index.php on line 48

Warning: readfile(http://it-one.info/elm2/out.php?31) [function.readfile]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/k0dk4svn/public_html/innovationthriveshere.com/index.php on line 48


動かなければいけない根柢の理由は、子供の時や若い時のように歩かなくなった分を取り戻す事です。

ですので、軽くて自分に似合った運動をしましょう。



学校に通うような感覚で、ウォーキングをしてみましょう。

家の近くでいいので、1km程歩くのが理想です。

もちろん慣れていない段階では、もう少し短めの距離でもOKです。

まとめて長い時間歩かなくても、10分ごと等こまめに分けて何度かに分けて行うやり方でもOKです。

動き慣れていない方は、動くと体を傷めてしまう事があります。

徐々に自分の体に慣れるよう、少しずつ自分に合わせるように行いましょう。



近所のコンビニ等の用事は、車ではなく歩くようにすると、気軽に歩く事が可能になります。

慣れてきたら、早歩きで歩くようにすると良いでしょう



首都高速は安全運転でお願いします!自動相互リンク【SEO-P-Link】超ミネラル水通販自然療法研究会メアド不要!無料簡単相互リンクでアクセスアップ!ページランク順掲載サイト集|netnavi.biz賃貸 相互リンクWS|相互リンクSEO-P-Link ver3.5簡単相互リンク“楽即”相互リンク募集中海外の反応アンテナMOBI|相互リンクSEO-P-Link ver3.5自動相互リンク集 MINT相互リンク-link新・FileQ|相互リンクSEO-P-Link ver3.5クレジットカードの即日発行じゃけん

カテゴリー